| home | | プラモデル工房 | | 自己紹介 | | らくがき帳 | | リンク |

プラモデルの完成品を展示いたしております。

展示室名

出展品

メーカー

出展者

展示日

21展示室

SV−51γ(ガンマ)DD.イワノフの愛機

ハセガワ 1/72

地獄猫

05/01/02




明けましてオメデトウございます!地獄猫です。

今年もヨロシクお願いします!
去年は、個人的には病気したりで、最悪の年でしたが、プラモはけっこう作った気がします。
今年もプラモはガンガン作りたいと思っています。
今年は酉年ということで、新年企画(笑)として、鳥にちなんだプラモを新年最初のキットとして選びました。
OVA「マクロス・ゼロ」より、SV−51γ(ガンマ)DD.イワノフの愛機です。

画像はすべてクリックすると拡大されます




・・・ここから先はちょっとネタバレありなので、まだ最終話見てない人は読まないほうがいいかも?です。

SV−51イワノフ機が、なぜ鳥にちなんだプラモかって?
それは対「鳥の人」戦で彼が戦死したからです(笑)

マクロス・ゼロ最終話は、個人的にはものすごく気に入りました。
まさに「板野サーカス」本領発揮の回でしたね。
(特にベクターノズル、ガシガシ使ってのコブラ戦!スゴい迫力です)
神話的なラストも幻想的でかえって良いのではないか思います。
現実の戦争なら、実際に各地でイヤになるほどやってますからねぇ・・・・・・・。





そのなかでも、特に印象に残っているのがイワノフの最期。
壮絶な死に様でした。
(余談ですが、マクロス・ゼロ最終話は、アニメに全く興味がない人に見せても「綺麗だね〜」と言わせるほど素晴らしい出来です)

ゼロに出てくるメカはVF−0にしても、SV−51にしても、素晴らしく良いデザインで大好きです。
VF−0なんて、後のVF−1より未来っぽいデザイン(笑)
(注:VF−0はVF−1の試作機)
まあ、これは当たり前で、20年前のデザインより、今になってデザインしたほうが洗練されているに決まっていますからね。
(ガンダムのカトキデザイン然り)

とくに、SV−51はF−14ベース(笑)のVF−0、1と違い、既存の機体とはまったくかけ離れたデザインで、未来的なフォルムが イカしてます。

旧ソ聯・ロシアの航空機開発チームの設計、という設定も、なんとなくうなずけるデザインですね、スゴいや!このセンス。
(アニメ観てない人は、なんのことだかさっぱりワカラナイと思いますが・・・・・)





さて、キットの方ですが、作る前は不安で仕方ありませんでした、はっきり言って。
ハセガワさんのVF−1シリーズをその前に作って、恐ろしく難しかったもので・・・・・。
(実は、慣れれば、それほどでもないですよ(笑))
箱を開けると、デッカイパーツがゴロゴロ・・・・・・・・・。
ますます不安に。





しかし、製作自体はよく考えられたパーツ割でサクサク進みます。
こいつも、VF−0や1同様、ロボット型に変形するので、キット自体も例の分割構造になっています。
統合軍のVFシリーズは変形パターンも理解できるんですが(トイも出てますし)実はSVの変形パターン、よく理解してなかったりしま す(笑)
こいつ、どうやってバトロイド(ロボット型)になるんでしょ?

イワノフ機はブラックグレー一色なので、塗装は簡単・・・・と思ったらさにあらず。





けっこうムツカシイんですよ、これが。
足(機体後半部分)の部分等、複雑な塗り分けパターンがけっこうありまして。

まあ、特に改造する部分もなく、丁寧に作れば完成します。





完成したSV−51を、改めて見ると・・・・・・・・・・デカい!
ほんとにデカいです!
実機だど、Mig−25に匹敵するデカさですね。








それに、やはり美しいデザインですな。
乗ってみたい〜、と思う機体です。





今回は黒のDD.イワノフ機を製作しましたが、一般兵士用の「α」も製作可能になっています。
しかし、この一般機、塗装がダークイエロー一色ですか・・・・・(笑)
ちょっとカッコ悪いなぁ。
劇中でも、活躍しているのは、イワノフ機とノーラ機(赤塗装)ばかりで、一般機は被弾・空中爆発しているシーンが印象に残るくらい す・・・・トホホ。





今回は、久々に作った航空機の「大作」でした。

こういう「架空機」も面白いですよ!
なんたって、作っているのがハセガワさんですからね!良くも悪くもハセガワテイスト!

次はVF−0Aを製作予定・・・・・・・なのですが、こいつはゴースト付の「特攻突撃仕様」にしたいのがファンの心理。
ハセガワさんで出してくれるかな?(是非お願いします!)

今回は、マクロス・ゼロ見てないと全く意味不明の内容でスミマセンでした。

そんぢゃ!



■常設展示場へはこちらからどうぞ■

展示室名

出展品

メーカー

出展者

展示日

第1展示室

日本軍に鹵獲されたカーチスP−40

ハセガワ1/72

地獄猫

97/9/28

第2展示室

旧日本海軍「鈴谷」軽巡時

タミヤ1/700

bu-suka

97/10/15

第3展示室

旧ソヴィエト空軍機「YAK3」

SMER 1/72

地獄猫

97/11/20

第4展示室

ハセガワ 1/72

地獄猫

97/12/21

第5展示室

百式司令部偵察機III型

アリイ 1/72

地獄猫

98/1/5

第6展示室

中島97式戦闘練習機
満州国陸軍航空隊飛行学校所属機「奉天弐号」

ハセガワ 1/72

地獄猫

98/1/21

第7展示室

立川キー36・98式直接協同偵察機

フジミ 1/72

地獄猫

98/1/28

第8展示室

地獄猫殿御成婚記念(^^; MIG-9

?? 1/72

地獄猫

98/5/29

第9展示室

地獄猫殿Jr誕生記念(^^; 九七式戦闘機

ハセガワ 1/72

地獄猫

98/6/19

10展示室

紫電&紫電改(画像壊れてますm(_ _)m)

アオシマ1/72

buーsuka

98/6/28

11展示室

キューベルワーゲン

ハセガワ1/35

buーsuka

01/7/6

12展示室

雷電 J2M3

ハセガワ1/72

buーsuka

02/2/18

13展示室

IJN N1K1 強風(REX)初期型

ハセガワ1/72

buーsuka

02/2/21

14展示室

IJN 重巡洋艦「鳥海」第1次ソロモン海戦

アオシマ1/700

buーsuka

02/4/17

第15展示室

ドイツ海軍駆逐艦 Zクラス

タミヤ 1/700

buーsuka

02/12/6

第16展示室

サンダーバード2号

バンダイ 1/450

地獄猫

04/8/13

第17展示室

SU-47 ベルクト

トランペッター 1/144

地獄猫

04/11/02

第18展示室

ゾイド「ゴルヘックス」

トミー 1/72

地獄猫

04/11/06

第19展示室

バイオハザード・ゼロ「ケルベロス」

カプコン 1/12

地獄猫

04/11/17

第20展示室

ゾイド「ヘルキャット」

トミー 1/72

地獄猫

04/11/23

メールはこちらまで
bu-suka@mx10.freecom.ne.jp

地獄猫さんへのメールはこちら
hellcat22@hotmail.com

| home | | プラモデル工房 | | 自己紹介 | | らくがき帳 | | リンク |


Copyright(C) 1997-2005 Satoshi Ukegawa & Fumitaka Nakamura
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO