| home | | プラモデル工房 | | 自己紹介 | | らくがき帳 | | リンク |

プラモデルの完成品を展示いたしております。

展示室名

出展品

メーカー

出展者

展示日

第1展示室

日本軍に鹵獲されたカーチスP−40

ハセガワ1/72

地獄猫

9/28

第2展示室

旧日本海軍「鈴谷」軽巡時

タミヤ1/700

bu-suka

10/15

第3展示室

旧ソヴィエト空軍機「YAK3」

SMER 1/72

地獄猫

11/20

4展示室

ハセガワ 1/72

地獄猫

12/21

あうあう、地獄猫です。

いよいよ、今年もあとわずかとなりました。

思えば、去年船出して・・・・・・ぢゃなくて(笑)思えばブースカさんのホームページに寄生せていただいて、今年一年やって来た訳ですが、やはりあたしのようなヘタなモデラーでも、人様に作品を発表させて頂く機会をもてるというのは、とても楽しいものです。(bu-suka:こちらこそ引きずりこんじゃってすみません(^^ゞ)
また、「師匠」ブースカさんをはじめとして、ここに集う多くのモデラーさんの作品を拝見させていただけるというのも、とても勉強になりますね。(bu-suka:大変楽しい一年でした。ありがとうございましたm(_._)m)

また、来年もよろしくお願いします!
個人的な事情で今までのようなペースで作ることは出来ませんが細く長くこのコーナーを続けてゆきたいと思っています。


さて、今年最後の作品は、これまたちまちま作り上げたいハセガワの1/72式戦闘機「隼」II型後期項後型です。
なんか、隼ばっかり(笑)。
今回は飛行第20戦隊の機体を作ってみました。
この、飛行第20戦隊は、主に台湾を本拠に活動した部隊でして、海上活動が多いため、日本機としては珍しい、濃紺の機体塗装を施しています。
なかな珍しい塗装の部隊なので作ってみたかったものの一つです。
じつは、以前某社の一式戦闘機を買ったんですがキットの中身はかなり古いもので、ちょっとスケールキットとは言えないようなシロモノなんですが、このキットに飛行20戦隊のマークが付いていたんですよ。
キットはともかく(笑)デカールはありがたく使わせて頂きました。この部隊、マークがけっこう複雑なんでこれは助かりました。


キットの方はもう何機も作っているハセガワのキット!ここでも何度もご紹介させていただいてますが、古いながらも作りやすく出来のよい秀作キットです。
今回も、例によって改造はアンテナ柱を真鍮棒で作り替えるのと、排気管を真鍮パイプにて自作する、ピトー管の自作の3点です。
脚カバーはアルミ板で作り替えようと思ったんですが、メンドイのでキットのパーツを薄くして使いました。
カラーは日本機モデラーのバイブル、モデルアート社の「日本陸軍機の塗装とマーキング〜戦闘機編」にサンプルがついていますのでこれを参考にします。
また、同誌によると、この塗料は「なかなか質のよい塗料でカサカサはがれず」ということですので、濃緑色の場合のような激しい剥離ではなく、控えめに再現してみました。
ただ、日差しの強い土地柄なので塗料の褪色は強かったと想像されますので、主翼上面はかなり強めに褪色を再現してみました。


う〜ん、やっぱり隼はいいですね〜。
ほっそりした美しい飛行機です。
なんか、このカラーも結構似合ってる気がしますね。


それでは、次回は来年・・・・・になる見込みです。
みなさん、よいお年を!


展示室名

出展品

メーカー

出展者

展示日

第5展示室

百式司令部偵察機

アリイ1/72

地獄猫

1/5


メールはこちらまで
fnakamura@mac.com

地獄猫さんへのメールはこちら
hellcat22@hotmail.com

| home | | プラモデル工房 | | 自己紹介 | | らくがき帳 | | リンク |

Copyright(C) 1997-2004 Satoshi Ukegawa & Fumitaka Nakamura
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO