| home | | プラモデル工房 | | 自己紹介 | | らくがき帳 | | リンク |

このコーナーでは私たちの所有するキットのなかで、いつか造りたいんだけどまだ手を付けていないストック
または新作キットレビュー。そのほかに完成品の作例,失敗例(^^ゞなどを紹介していきます。

 


■第16回(担当:地獄猫さん)■

(2005.04.25 UP)

アリイの「ゴーストボックス」〜イントロダクション〜

 

ど〜も、地獄猫です

あたしはよく秋葉原をウロウロするんですが、アキバが「電気街」だったのはもう大昔のこと・・・・・
最近は完全な趣味街になっていますね。
トイやフィギュア、トイガン、漫画、ゲームソフトと趣味のことなら、ひととおり揃っている感があります。
プラモも例外ではなく、専門店がいたるところにありますよ。
アキバ回れば手に入らないプラモはない、というくらいですね。

そんなアキバですが、ラジオ会館内の某店で発見した懐かしプラモをご紹介です!
アリイの「ゴーストボックス」(定価は1200円らしい)

 

 

・・・・・恐ろしく古いプラモですねぇ・・・・・・・。
あたしが子供の頃には模型屋の片隅にあったのを記憶していますから。
もっとも当時は興味もなかったですが(笑)

 

 

入手価格は100円!・・・・・・・をいをい(笑)
どこかの模型屋のデッドストックだったのでしょうか?
モーター付きでこの値段ですから、ほとんどタダ同然ですねぇ、缶ジュース一本より安い!

さて、中身はといいますと、貯金箱です!
コインを置くと通電してモーターが動き、クランク仕掛けで、ゾンビの手やら骸骨やらが出てきてコインを持ってゆくというもの。
子供の頃は中身を見たことはなかったのですが、この歳になってはじめて見る(笑)実物はけっこう小さいカンジ・・・・

 

 

これは作って楽しそうなプラモですね!
思えば昔のプラモは戦車にしても、車にしてもモーターで走るのが「当然」なワケで、子供時代に製作の過程で、散々電気の勉強をさせてもらいました。
プラモという趣味自体が成熟して、スケール志向が進んだ結果、モーターで動くプラモは絶滅したのですが、失った部分も大きいと思います。
子供時代に実体験として電気の勉強をするには、これほどいい「教材」はないと思うのですが・・・・・・・・。
ヘタするとマブチモーターに触ったことすらなく、大人になる子供が出てくるのかと思うと、ちょっと暗い気持ちになります。
どんなに知識として蓄積があっても、実体験が伴わなければ本物ではナイと思うのです。

 

 

模型メーカーさん、モーターで動いて、遊べるプラモを是非復活させてください!
(ミニ四駆のように配線不要で極端に合理化されたものよりは、リード線でちまちま配線する古めかしいタイプがいいな)

・・・・ジジィの独り言はこのくらいにしておきまして(笑)

アリイのゴーストボックスシリーズ、すごく懐かしいプラモに出会えてウレシイ気持ちで一杯です!
それも100円ですからねぇ。
完成したら、また追加レポートしたいと思います!

 


このページへのご質問等はこちらまで
hellcat22@hotmail.com

 

ご意見・ご要望はこちらまで
tomomodel@gmail.com


■これまでのキットのご紹介■

展示室名

出展品

第1展示室

シュトルモビク

第2展示室

重巡利根

第3展示室

タ号特殊攻撃機

第4展示室

飛龍・ミッチェル

第5展示室

川崎キ−64

第6展示室

KARAS 他

第7展示室

マクロス 他

第8展示室

フレッチャー

第9展示室

ツポレフTu−16 バジャーA 他

10展示室

スケールスーパー ジュニアーカー

11展示室

ちょっとヘンなものプラモ

12展示室

クラリオン・カラオケ ニューライン

13展示室

キャリアカーシリーズ たい焼きキャリィ
14展示室

15展示室

エレールのジャンヌ・ダルク(1/12スケール)

| home | | プラモデル工房 | | 自己紹介 | | らくがき帳 | | リンク |

Copyright(C) 1997-2005 Satoshi Ukegawa & Fumitaka Nakamura
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO